クライアント接続

はじめに

利用例

このページで開設している「クライアント接続」の方法は、以下のような用途で利用することができます。

  • IPv4しか提供されていないネットワークでIPv6を利用したい
  • 複数の端末でIPv6を利用したい
  • ネットワーク実験
  • その他

Bridge接続

Bridge接続は、グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスの応用的な使い方です。PacketiX VPN Bridgeを用いることで任意のネットワークに対してIPv6の接続性を実現します。

対応オペレーティングシステム

グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスは、接続方法ごとに対応するオペレーティングシステムが異なります。グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスでは以下に示すOSの組み合わせを推奨しています。これら以外のオペレーティングシステムおよびアーキテクチャを利用した場合、正常に接続できない可能性があります。

※以下のリストは対応するOSを示すものであり、動作を保証するものではありません。

グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスにBridge接続が可能なOSは以下の通りです。

種類対応オペレーティングシステム製品の一覧
Windows 32bitWindows 98 / 98 SE / ME / NT 4.0 SP6a / 2000 SP4 / XP SP2, SP3 / Server 2003 SP2 / SBS 2003 SP2 / Storage Server 2003 SP2 / Vista SP1, SP2 / Server 2008 SP1, SP2 / Storage Server 2008 SP1, SP2 / Home Server / 7
Windows 64bitWindows XP x64 SP2, SP3 / Server 2003 x64 SP2 / Storage Server 2003 x64 SP2 / Vista SP1, SP2 / Server 2008 SP1, SP2 / Storage Server 2008 SP1, SP2 / SBS 2008 SP1, SP2 / EBS 2008 SP1, SP2 / Hyper-V Server 2008 / 7 / Server 2008 R2
LinuxLinux Kernel 2.4 / 2.6 (32 bit 版および 64 bit 版)
対応 CPU: Intel x86, Intel x64 / AMD64, ARM EABI, ARM legacy ABI, MIPS Little-Endian, PowerPC, SH-4
FreeBSDFreeBSD 5、6、7 または 8 (32 bit 版および 64 bit 版)
対応 CPU: Intel x86, Intel x64 / AMD64
SolarisSolaris 8、9 または 10 (32 bit 版および 64 bit 版)
対応 CPU: Intel x86, Intel x64 / AMD64, SPARC
Mac OS XMac OS X Tiger バージョン 10.4, 10.5 または 10.6 (32 bit 版および 64 bit 版)
対応 CPU: Intel x86, Intel x64 / AMD64, PowerPC, PowerPC G5

また、対応OSはPacketiX VPN3.0 RC2が動作可能な環境に基づいています。最新の対応状況につきましては、ソフトイーサ株式会社のHPをご覧ください。

具体的な手順

グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスを利用してネットワーク全体でIPv6ネットワークへの接続を行うには、以下のような方法で設定を行います。

新規ユーザ登録

まず、グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスにユーザを登録します。登録が完了したら、グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスゲートウェイに接続するためのアカウントが作成されます。

Bridgeを行うコンピュータからの VPN 接続

通常の手順で PacketiX VPN Bridge ソフトウェアを クライアント PC にダウンロードし、インストールした後、適切に VPN 接続の設定を行うことにより、グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスゲートウェイに対して VPN 接続を行うことができます。この方法で PacketiX VPN Bridge をクライアント PC にインストールしグローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスゲートウェイに接続させるためには、以下の方法に従ってください。

  1. VPN 接続を行いたいクライアント PC を操作し、ダウンロードセンターよりPacketiX VPN Bridge の最新版(3.0 RC2推奨、2.0系でも可)をダウンロードしてください。
  2. オンラインマニュアル 第9章 PacketiX VPN Bridge 2.0 の導入に従い、PacketiX VPN Bridge をコンピュータにインストールしてください。
  3. オンラインマニュアル 第5章 PacketiX VPN Bridge 2.0 マニュアルに従い、PacketiX VPN Bridge を操作し、以下の表に掲げる設定項目の内容に従って新しい接続設定を作成・登録し、VPN 接続を実行してください。

設定項目

クライアントコンピュータにインストールした PacketiX VPN Bridge には、以下の設定項目の値を入力して、新しい接続設定を作成してください。

設定項目
VPN Server のホスト名v6ip.tsukuba.wide.ad.jp
VPN Server のポート番号443
仮想 HUB 名ACVPN
ユーザー名ユーザ登録で登録済みのユーザ名

遠隔地からのVPN接続と通信テスト

IPv6アドレスの割り当て

PacketiX VPN Bridgeを用いてグローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスゲートウェイに対するVPN接続が完了し、自宅ネットワーク等に対してBridge接続を行った場合、該当するネットワークに接続する端末に対して、ICMPv6 Router Advertisementを利用して自動的にIPv6アドレスが割り当てられます。(接続する端末でIPv6が利用可能かつ、RAの受け取りを許可している場合)

この時RAの広告を行うルータは、グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスゲートウェイに接続された本実験用のルータです。本ルータは以下のような設定がされています。

設定項目
IPv6アドレス2001:200:01C8:(ユーザ別16bitID)::1/64
ユーザ別IDはシステムで自動で割り当てます。
MACアドレス00:50:43:00:13:cb
広告Prefix2001:200:01C8:(ユーザ別16bitID)/64

ping コマンドによる通信チェック

グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスゲートウェイにVPN接続した後、該当するネットワークに接続するクライアントコンピュータが正常にゲートウェイと通信が行える状態になっているかどうかを確認するために、「ping もしくは ping6」コマンドなどで通信チェックを行うことができます。

まず、アドレスが正しく端末に割り当てられているかを確認します。Windowsの場合は「ipconfig」コマンドで確認することができます。(OSによって確認方法が異なります。)

C:\WINDOWS\system32>ipconfig

Windows IP Configuration

Ethernet adapter VPNTEST - VPN Client:

        Connection-specific DNS Suffix  . :
        Autoconfiguration IP Address. . . :
        Subnet Mask . . . . . . . . . . . :
        IP Address. . . . . . . . . . . . : 2001:200:1c8:a:65fa:3d6d:e133:3833
        IP Address. . . . . . . . . . . . : 2001:200:1c8:a:2ac:ffff:fef1:7481
        IP Address. . . . . . . . . . . . : fe80::2ac:ffff:fef1:7481%16
        Default Gateway . . . . . . . . . : fe80::21b:21ff:fe07:de8d%16

C:\WINDOWS\system32>

この場合、該当するネットワークに接続を行った端末に「2001:200:1c8:a:65fa:3d6d:e133:3833」というアドレスが割り当てられていることが分かります。この時割り当てられているPrefixは「2001:200:1c8:a/64」となりますので、接続確認のために「2001:200:1c8:a::1」にpingを行います。

C:\WINDOWS\system32>ping 2001:200:1c8:a::1

Pinging 2001:200:1c8:a::1 with 32 bytes of data:

Reply from 2001:200:1c8:a::1: time=1ms
Reply from 2001:200:1c8:a::1: time=1ms
Reply from 2001:200:1c8:a::1: time=1ms
Reply from 2001:200:1c8:a::1: time=1ms

Ping statistics for 2001:200:1c8:a::1:
    Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
    Minimum = 1ms, Maximum = 1ms, Average = 1ms

C:\WINDOWS\system32>

なお、各クライアントコンピュータにパーソナルファイアウォール機能などがインストールされていて、ICMP パケットを正しく扱うことができない状態の場合は、ping コマンドによる接続チェックが行えない場合がありますのでご注意ください。