サービスの使い方(ヘルプ)

このページでは、グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスの特徴や使い方をご説明します。

使ってみよう グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスの使用例

2種類の接続形式

グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスには2種類の接続形式があります。利用形態によってそれぞれを使い分けることが可能です。

クライアント接続

特定の端末で、IPv6を用いたインターネット接続を利用したい場合に利用する接続方法です。出先ネットワーク等のIPv6に対応していないネットワークでIPv6を利用することができます。

Bridge接続

自宅ネットワークなどの既存のLANをIPv6に対応させたい場合に利用する接続方式です。LANに接続された端末でIPv6を利用することができます。

詳しい情報 グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスの特徴

セットアップと設定が容易

グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスの利用を開始するために必要な手続きは、新規ユーザの作成とPacketiX VPN ClientもしくはPacketiX VPN Bridgeの接続設定だけです。接続方法ごとに設定方法が異なりますので、詳細は上記接続形式のページにてご覧ください。

極めて強力なセキュリティ

グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスでは VPN テクノロジーとして PacketiX VPN 3.0 を使用しています。業界標準の SSLv3 プロトコルを用いた通信の暗号化が可能で、グローバル・固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスゲートウェイまでの通信を保護することができます。そのため第三者によって通信内容を見られることはありません。